スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉本新喜劇は、実にしゅ~るだった!

昨日は、ちょっと「むぎちゅ~」飲み過ぎて、夜記事が書けなかったので、今日は早めに書いてしまお~・・・d(^O^)b「くまモン座長公演@なんばグランド花月」の記事の続きである・・・・d(^O^)b

NGK看板

くまモンが座長でお芝居、って~聞いただけで、「あれ?くまモンはしゃべらない、キャラなのに大丈夫かい?」と思った人もいるだろう・・・・。確かに、僕もそう思ったし、最初と最後だけちょろっと出てきて、くまモン体操でも踊って終わりだろう・・・・ぐらいに思っていたのだ・・・・。

さて、幕が上がって、まずはくまモンが登場して、くまモン体操をする、って~ところまでは読み通りだった・・・・。劇場内も、平日にも関わらず、けっこう子供や若い女の子たちが大勢詰めかけていた・・・・。

平日の夜の部が、通常どの程度の入りなのか、知る由もないのだが、推測するに、普段よりも、かなり多めだったのではないだろうか・・・・。

くまモン体操のアト、いよいよ「新喜劇」が始まった・・・・。ご存じの方も多いと思うが、新喜劇の場合、ストーリーは非常に単純かつワンパータンである。大まかなストーリーに沿って、個性的な各役者のアドリブとギャグで、繋いでいくのが常道である・・・・。

くまモン新喜劇 (6)

それと、この日のゲストは「エスパー伊東」だった。「くまモン座長公演中」は、日替わりで、熊本県出身の芸人が、ゲストで出演する企画だったようだ。ちなみに、他の日は「レイザーラモンRG」や「ひろし」「井手らっきょ」なんかが出たらしい・・・・。

この日のエスバー伊東は得意芸の「爆裂手袋」をメインに、若干意味不明の芸を、いくつも繰り出しサービスしていた・・・・。

くまモンの出演箇所であるが、予想に反して、けっこう舞台で芝居をしていた。そもそも、くまモンは、キレのよいパフォーマンスと愛嬌がウリだから、セリフがなくても、けっこうそれなりに、存在感を出していた・・・・d(^O^)b
最後は「くまモン」が通訳を通して、悪人たちを戒める・・・・って~筋書きで、お芝居は終わった・・・・d(^O^)b

観客のノリがよかったせいか、各役者のノリもよく、自分たちの芸を余す事なく繰り出すので、予定より30分もオーバーして、幕を閉じた。

最後の最後に、普段ならやらないらしい、撮影タイムがあった・・・・。やはり観客のノリがよかったせいだろ~か・・・・^_^;

くまモン新喜劇 (3)

こうして、2時間にも及ぶ、「くまモンの座長公演」を堪能して、みゆきも僕も大満足だった。特にみゆきは、今回、吉本新喜劇は初観劇だったし、関東出身者の感性には、吉本のギャクは合わないのでは、って~心配もしたが、みゆきにすれば、大好きなくまモンが、お芝居をするのだから、堪らないひと時だったようだ・・・。

ちなみに、このお芝居の悪役たちは、ブラジルの隣の「クマジル国」からやってきた特殊工作員が、くまモンの人気を利用して国家経済を立て直す、って~目的でくまモンを拉致しよ~とする、って~んだから、非常にしゅ~るなストーリーでもあったな~・・・・。

その中で、クマジル国のスパイ(スッチー)がこんなセリフを吐く・・・「我が国では、公園に熊がたくさんいて、老人たちが、熊に餌を与えている。しかし、やがて、その老人たち自身が、熊の餌になるのである・・・」

すっげ~ブラックでしゅ~るなセリフであるな~・・・・。これで、くすっと笑えるよ~なら、あ~たも吉本新喜劇ファンになれる・・・・はず!d(^O^)b






スポンサーサイト

くまモン座長公演@なんばGK

昨日、NPO法人「都草」での打ち合わせを終え、マンションに戻ってから、夕方、みゆきと連れだって、JRで出かけた・・・・。

行先は大阪の難波・・・。二人でこれまで行ったのは一回だけかな~・・・。みゆきが、割と人ごみに弱いので、あの大阪の心斎橋あたりの雑踏は、これまで避けてきたのだ・・・・。

元々、関西に住んでいながら、大阪市内だけは、改めていくことは、珍しい・・・のである。奈良や滋賀には、しょっちゅう行っているのに・・・・^_^;

で、向かった先は「なんばグランド花月」・・・・である。いわゆる、吉本興業の牙城だ。僕もみゆきも、テレビの吉本新喜劇は、殆ど見る事がないのだが、僕は若いころ一度梅田花月に行ったことがあった・・・・。

今回調べたら、梅田花月はとっくに閉鎖されているようだったし、その後、京橋に移転したが、そこも閉館したのだそうだ・・・・。

京都の祇園に、「祇園花月」があることは知ってはいたが、一度も行ったことはなかった・・・・。吉本興業って~いまだに飛ぶ鳥を落とす勢い、だと思っていたが、新喜劇の方はそうでもなかったんだな~・・・・。やはり時代かな~・・・・。

てなことで、今回、なんばグランド花月に、行くことになったのは、やはり「くまモン」であった・・・・^_^;

実は今年の秋の熊本旅行の時に、山鹿温泉の「よへほ旅館」の亭主が、「くまモンも、デビューの頃は、大阪の吉本さんで修業させてもらったたい。それで、今のあのキレのある芸風を身に付けたとです。そやから、関西の人には、ほんと、感謝しておりますばい(不自然な熊本弁で申し訳ない:管理人)」と語っていた・・・。

そこで、僕とみゆきは、吉本とくまモンのつながりについて、少し気になっていたのであった・・・・。その事を裏付けるように、例の「くまモンさん」の伝説の5体の像のひとつが、なんば花月にある、って~ことを聞いていたからである・・・・。

今回は、12月14日(日)~12月18日(木)の期間のくまモンの座長公演で「くまモンからの贈り物」って~新喜劇の演目を、観賞しに行ったのであった・・・・。

JR新大阪駅を下車して、地下鉄御堂筋線の新大阪駅のホームへ・・・・。

予断ながら、新大阪駅は、僕が新卒で、最初に就職した広告代理店の大阪支社が駅の目の前にあった関係で、通勤その他にしょっちゅう使っていた駅である。

で、会社の独身寮が、となりの東三国駅にそばにあったのだが、そこはその頃の、僕のほろ苦い青春の思い出「愛と青春の東三国」の舞台となった地でもある・・・(-_-;)

新大阪

この、行先電光表示板を観て、今回もその頃の事を少し思い出したのであった・・・・。あの頃は本当に純粋だったよな~・・・・。今はこんなに、ぼろぼろになったけど・・・・・・(-_-;)

要は、どこにでも転がっているよ~な「失恋話し」なのであるが、またいつか機会があったら、小説にでも仕立て上げてみよ~かな・・・・^_^;

地下鉄の難波駅で下車して、さすが大都会と思わせる、賑やかな商店街を歩いて行くと、そこに「なんばグランド花月」があった・・・・。

NGK看板

みゆきの調べでは、昼間はレギュラー興業で、いつもテレビでやっている新喜劇や、人気芸人の漫才などの公演が行われてるらしい・・・・。

今回のくまモン座長公演は、夜の部だけで、値段は1人2800円と、ライブ公演にしては、えらいお得な値段であった・・・。

まずは、念願の「くまモンさん」にお目通り・・・・。僕らがお参りしたのは、これで、四体目である。あと一体は天草に、ご鎮座まされているとのことなのだが、これはけっこうハードルが高い・・・・。

ナンバくまモンさん

で、店内で、ポテトと生び~るを買って、観劇の定石通りの準備をして、劇場内に入り、幕が上がるのを待ったのであった・・・・・d(^O^)b


店内


日記・雑談ランキングへ





広告

プロフィール

油小路しゅ~る之助

Author:油小路しゅ~る之助
京の都に棲息する、ちょっとダンディで風変わりなオヤジです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。