スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐怖の心霊写真?


今日は、1月度の「妙心寺禅道会」の初日だった・・・。

嵯峨野線下りの始発、5時35分JR丹波口駅発の電車に乗って、妙心寺さんに向かった・・・。


今が一年で、一番日の出の遅い時期だから、まだ夜明け前の雰囲気さえない、夜のしじまの中を歩いて、妙心寺方丈へ・・・・。

来週ぐらいから、徐々に日の出が早まるようになるので、暗闇の中の参禅も、もうしばらくの辛抱だろう・・・・^_^;

ヒト月ぶりに、禅友の元高校の校長せんせ「しのさん」にも再会出来て、新年の挨拶を交わすことが出来た・・・・d(^O^)b

今朝の坐禅一炷の後の提唱は、則竹老師による法話だった・・・。本来なら、碧眼録第九十一則の「
塩官犀牛の扇子 」だったのだが、新年の初日だということで、今年の干支の「羊」という字にまつわる、いろんな話をして下さった・・・・。

で、古来より「吉祥」の古字は「吉羊」であった事から、老師直筆のこんな短冊をいただいた・・・・d(^O^)b


新年にふさわしい、まことにお目出度い短冊である・・・・・。今朝の坐禅会は、実にお得だったな~・・・・^_^;

さて、話しは全く変わるが、先日の東福寺坐禅会でのことだ。実は、坐禅会が終了して、すぐに、ブログ用の画像として禅堂内の画像を撮った・・・・・。しかし、そこに写り込んでいたものを観て、掲載を諦めた・・・・。

それ以外の画像、たとえば↓なんかはとてもきれいな画像だよな~・・・有名な通天橋の雪景色だけど・・・。けっこう貴重な画像だと思ふのである・・・・d(^O^)b


しかし、禅堂内の画像は載せられなかった・・・・。

仮にも僕は、東福寺ファンである、と自認してるし、世界中で一番好きなお寺である。だから、毎週の坐禅会も欠かさないのである・・・^_^;

だから、そんな僕が、御本山の不利になるよ~な事を、記事にするわけにはいかね~のだ・・・・。よって、この禅堂内の不思議な画像は永久お蔵入りを決めたのであった・・・(-_-;)

だけどね、そもそも、変なものが写り込むような場所なら、僕のような「無霊感」おやじが坐禅してても、ち~た~何かを感じるだろうし、そんな変な噂のひとつもあって、おかしくね~だろとも思っていた。

たとえば、あまりの修業の厳しさに、真冬の坐禅中に、坐ったまま凍死した雲水がいた・・・・とかね。

あるいは、先輩雲水に、大禅堂でいじめ殺された雲水がいたとか・・・・(-_-;)お~こわ!想像するだけでも、こえ~~~~!!!

しかし、丸2年半通ってきて、一度も嫌な思いや、不吉な感覚などを、感じたこともなかったし、毎回清々しい坐禅をさせていただいてきた・・・・。だから、ぜって~におかしな事はない、何かの間違いや!と思ったり・・・・。

しかし、そ~は言っても、今から670年ほど前の室町時代の建物である・・・・。いろんな人の思いや念が、そこら中に漂っていてもおかしくないのでは・・・って~思いもあり、とりあえず、この画像はお蔵入りを決めたのであった・・・・。

しかし、心のどこかに、何かひっかかるものがあり、ちょっと気になっていたのであったも事実であった・・・・。

で、今朝、妙心寺さんから帰ってきて、もう一度じっくりその画像を観てみた・・・・。やはり・・・・奇妙なものが、写り込んでいた。ひょっとして、お蔵入 り以前に、いっそ削除した方がよいのでは・・・と思い、削除ボタンを押そうとした・・・その時、ある考えが閃いたのであった・・・・。

ちょっと長くなったので、この記事の続きは、次回記事で書こうと思ふのである・・・・。勿論その時には、その問題の画像も載せるつもりである・・・・(-_-;)

スポンサーサイト


trackback

comment

コメントする

Secret


広告

プロフィール

油小路しゅ~る之助

Author:油小路しゅ~る之助
京の都に棲息する、ちょっとダンディで風変わりなオヤジです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。