スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐怖の心霊画像・・・そんなアホな!

さて、今夜もちょっと飲み過ぎて、も~すっかり眠いのだけどね・・・。頑張らないとね!かと言って、いつもの「から~ん」と言わせながら書いていると、いつの間にか眠ったりしてね・・・・。「オオカミおっさんしゅ~る之助!」と言われね~為にも、頑張らね~とな~・・・(-_-;)

昨日の記事の続きだ・・・。あの昨日の記事、実は受け狙いの創作だと思っている人もいると思うが・・・・実は本当の事なのである・・・・。あ!こんな調子で書いていたら、ぜって~に最後まで持たね~から、先を急ごう・・・・。

実はその画像に写っていたのは「オーブ」である。禅堂内を、たくさんのオーブがまるで飛びまわるよ~に写っていたのであった・・・・。「オーブ」については、すでに、衆知の事だと思うが、いまだに一部では「霊魂説」が信じられている薄気味悪い現象である・・・・・(-_-;)

僕もご多分に漏れずに、これまで「オーブ=霊魂説」を信じていたのだ。だから、この画像を載せるのをためらっていたのだ。「東福寺大禅堂の中を飛び回る、修業途上で無念の思いを残して逝った雲水の霊魂」とか、書いたら、も~東福寺坐禅会出入り禁止と宣言されね~からな~・・・・^_^;

ところが、「待てよ・・・ひょっとして、オーブの正体を科学的に証明する」って~、今の時代、オーツキ教授のよ~な人がいるかもしれね~な~・・・って~ことに思い至ったのであった・・・・^_^;

すると、すでにかの「Wikipedia」で、はっきり「玉響現象」として紹介されているではないか・・・・(-_-;)

「オーブは夜間に霜が降りてきた時や、滝や渓谷などの湿り気のある場所で映り込む事が多い。従って空気中の水分や埃などの浮遊物が、カメラフラッシュなどの強い光源の反射により映り込んだものである。

通常こうした浮遊物は、本来意図していた被写体と距離が異なる為、ピントがぼけた状態で表示される。デジタルカメラが普及した事もオーブ写真が増えたことと関連している。」

ここまで、書かれたら、も~全く、「オーブは怪奇現象」と言うのが、ばからしく感じるほどである。「おっさん、何ゆ~てんねん!」と、その辺のに~ちゃんにばかにされそ~である・・・・。

この画像の撮影は、1月4日の午前7時30分頃である・・・・。外には大雪が積もって、湿度はほぼ80%以上の状況で気温は0℃付近・・・・。勿論照明はすべて消されており、デジカメのフラッシュが光ったのは、僕自身がよ~く知っている。その上、古い巨大な木造建築であるから、ほこりも舞っていただろう・・・・。

まさに、ウィキの言う条件にぴしゃりだ・・・・。

よって、も~断言してもいいだろう・・・オーブは科学的に証明できる現象であると・・・・。ならば、この画像を公開しても全く問題ね~だろ・・・・^_^;

では、公開しよ~・・・これが、そのオーブ現象画像・・・ですm(__)mm(__)mm(__)m


禅堂内
スポンサーサイト


trackback

comment

コメントする

Secret


広告

プロフィール

油小路しゅ~る之助

Author:油小路しゅ~る之助
京の都に棲息する、ちょっとダンディで風変わりなオヤジです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。