スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「心霊現象?」を検証するd(^O^)b

さて、先週日曜日の坐禅会では、ひとつ重要なミッションがあった・・・・。それは先週の禅堂での「オーブ画像」の検証である。禅友のシノさんがメールで「今週の禅堂での検証はどうする?」と聞いてこられたので「勿論、確認するつもりです」と応えたのであった・・・d(^O^)b

では、先週調べたWikipediaに書かれていた、「玉響現象」についての解説をもう一度確認しておこう・・・・。

「オーブは夜間に霜が降りてきた時や、滝や渓谷などの湿り気のある場所で映り込む事が多い。従って空気中の水分や埃などの浮遊物が、カメラフラッシュなどの強い光源の反射により映り込んだものである。

通常こうした浮遊物は、本来意図していた被写体と距離が異なる為、ピントがぼけた状態で表示される。デジタルカメラが普及した事もオーブ写真が増えたことと関連している。」


この中で、重要な要素は「湿度」「ほこりなどの浮遊物」「フラッシュ」だと思う・・・。

では、今朝、坐禅会のアト、撮った画像がこれだ!↓


お~~~!先週と同じくたくさんのオーブが写り込んでいるぞ!!!

先週は雪が積もっていて、特に湿度は高かったが、今回は雨も雪もなかった・・・。しかし、冬の朝のこの時期は、霜が解ける時間帯であるから、湿度は結構高い状態であることが推測される。

そして、フラッシュであるが、このアト撮った時には、フラッシュは焚かれてないのだが、その画像がこれだ↓


オーブは全く見られない・・・。

この事から分かるのは、「玉響現象」にはフラッシュによる強い照射が必須条件であることがわかる。

となると、アトは「水分やゴミなどの浮遊物」であるが、広い禅堂であるから、ホコリが舞っているいるのは間違いないだろうが、もし「霊魂」なども「浮遊物」と捉えるなら、霊魂にフラッシュが当たって、写り込んだ、と考えてもいいだろう。

が・・・霊魂を「ホコリ」と同じレベルで「浮遊物」とは、とてもじゃな~けど、心情的に思いたくね~ぞ!

って~か、霊魂の事をホコリと同じ、と思った途端に、祟られそうじゃね~か?はははは^_^;

さて、こうして、禅堂のオーブは、Wikiで言うところの「玉響現象」であったことが、ほぼ確認できたのであった・・・d(^O^)b

ただね・・・ブロ友の何人かが指摘してくれたように「それでも、心霊現象かも・・・」って~思いも、僕は大切にしたいと思うのだ。

って~のは正直に明かすと、僕はこのオーブ画像を最初に観た時「あ!(去年他界した)お袋が会いにきてくれたのかな?」と思ったからである・・・・。

そう思うと、心霊現象も、自分のその時の心情に合わせて解釈するのも、ありかな~・・・って~気がしないでもないのだが・・・・^_^;

スポンサーサイト


trackback

comment

コメントする

Secret


広告

プロフィール

油小路しゅ~る之助

Author:油小路しゅ~る之助
京の都に棲息する、ちょっとダンディで風変わりなオヤジです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。